健康食品を選ぶ時の注意点 - 「健康食品」の安全性・有効性情報

健康づくりにおいては、バランスの取れた食生活を送ることが大切です。その上で、「 健康食品」を利用するに当たっては、国民がそれぞれの食生活の状況に応じた適切な 選択をする必要があり ます。

健康食品を選ぶ時の注意点

そこでわたしは彼にも「からだを温める」方法をお教えしました。
最初の1力月は、今までょりはが出なくはなつているものの、として食欲がなくなることが多く、休調もでした。し かし、2力月、3力月と経過するにつれて、食下などのが出なくなつてきました。そして半年がた頃、彼から、も 丈夫です。10年み絞けたはなくなりました」と嬉しい報告がぁりまし今原因不明の消化器も「からだを温める」ことで解決することができたのです。
*体温を上げるだけでつらい症状は改善する!
健康食品を選ぶ時の注意点
(1)本当に必要かどうか考えましょう
健康食品の包装には、「栄養成分表示」が記載してありますが、購入を考える前に、レビトラ「本当に健康食品が必要かどうか」冷静に考える必要があります。バランス良く通常の食事を摂っていれば、栄養がそれほど不足することはありません。1日に必要な栄養素の量は決まっていますが、これは「習慣的な摂取量(約1ヶ月の平均値)」を指しています。多く摂ったり、少なく摂ったりする日があっても構いません。1日だけを取り上げて、摂取量を満たしたか、満たしていないかと考えるのは好ましくありません。足りない栄養素を気にするよりも、まず食事全体のバランスをチェックすることが大切です。
(2)日本における「健康食品」の大まかな分類
健康食品は大きく、「国が特定の機能の表示などを許可したもの(保健機能食品)」と「そうでないもの」の2つに分けられます。保健機能食品はさらに「特定保健用食品(通称トクホ)と「栄養機能食品」の2種類があります。
①「特定保健用食品(通称トクホ)」
特定保健用食品は、(規格基準型も存在しますが)基本的には、製品ごとに有効性と安全性が審査されていることが特徴です(個別評価型といいます)。
②「栄養機能食品」
栄養機能食品は、表示できる栄養成分と量に基準があります。ただし、特定保健用食品のように、個別製品ごとの審査はなく、製造者が基準を満たしたという自己認証の表示食品です(規格基準型といいます)。栄養機能表示ができる成分とできない成分を両方含む製品で、機能表示ができない成分の方を大きく宣伝しているものもあり、注意が必要です。「消費者庁許可!」などと書いてあっても、「どの成分が基準をクリアしているのか」が問題です。