2016 12月 - 「健康食品」の安全性・有効性情報

健康づくりにおいては、バランスの取れた食生活を送ることが大切です。その上で、「 健康食品」を利用するに当たっては、国民がそれぞれの食生活の状況に応じた適切な 選択をする必要があり ます。

12月, 2016年

男性保健男は、喫煙は最も必要なもの健康食品だ。

2016-12-12

もタバコは体に悪いと知りながら、多くの男性は自制できない自分のニコチン中毒、今日小編は次善の策、タバコをやめられないなら、それは努力させて喫煙の男性をもたらす危害をできるだけ.男性保健では、サプリメントを補充した食べ物栄養を必要とします.

p1、セレン元素

を補充するたばこを吸う人、体内の血液中のセレンの元素の含有量は少し下がることができて,セレンの元素はまた予防する1種の微量元素.人体内にはセレン元素の欠如は、ガンの発症率が大きく高まるということです.だから、例えばゴマ、麦芽、大蒜、卵、酵母、動物肝臓、腎臓などが多いと提案します.

p2、ビタミン

を補充するは、長期喫煙は体の内に備蓄する抗酸化素、ビタミンは急速に消費して、体の中の酸化物質はまた増加することができます.ビタミンが酸化して酸化作用をもたらしたことを補充することができないならば.喫煙者はビタミン、ビタミンC,健康食品、ビタミンEなど、ビタミンCがビタミンCなどにも注意して注意している.ビタミンCは1種の水溶性のビタミンですので、効果的に酸化作用を免れて、同時に喫煙者の喫煙衝動を減らします.

たばこの果物、野菜果物、肉を食べて、人体内でアルカリ性の生理環境を製造することができます.またビタミンB、カルシウム、マグネシウム、これらの栄養物質は有効に有効に助けます.

3、たくさんお茶を飲みに<P>とお茶を飲みタバコは動脈内膜が高く、胃酸分泌量が減少し、血糖の高まるなど、胃酸分泌量が減少します.これらの化合物は体内に滯在、多くお茶を飲むことができます.茶ポリフェノール、カフェイン、ビタミンCなどさまざまな成分があり、その有毒物質に分解の作用をしてもいいです.同時に茶葉は利尿作用がある、有毒物質の排出を促進することができる.

4、たくさんコレステロール低下の食品<P>を食べますp>喫煙による<血管中のコレステロールや脂肪瀋積量は増大して、脳供血量が減り、招きやすい脳の萎縮、脳の老化を加速.だからコレステロールと脂肪を避けるために体内での積み重ねが、最高に含まれる脂肪酸の肉を食べて、多く食べてコレステロール合成を抑えることを下げることができるかの食べ物,たとえば牛肉、魚類、大豆製品、高繊維の食品.

p5、たくさん食べるアルカリ性食品

たばこ中にニコチン成分が人体にダメージは非常に大きく、人の体液がアルカリ性を呈する時、ニコチンの吸収を減らすことができる.果物、野菜、大豆などのアルカリ性を多く食べ、ニコチンの吸収率を下げることができる.同時にこれらのアルカリ性の食べ物は胃酸の分泌を刺激することができて、胃腸を避けることができるのはうごめいて、消化不良で、腹部膨満などの症状の発生.

代表的食品

代表的食品

がんの発症率を減らすというのは、がんの発症率という