2017 10月 - 「健康食品」の安全性・有効性情報

健康づくりにおいては、バランスの取れた食生活を送ることが大切です。その上で、「 健康食品」を利用するに当たっては、国民がそれぞれの食生活の状況に応じた適切な 選択をする必要があり ます。

10月, 2017年

健康茶について

2017-10-23

健康茶は、薬とは違い飲んだらすぐ効能が得られて、体の調子がよくなるものではありません。徐々に体に調子を整えていくものです。毎日、飲み続けることが重要です。体の具合が良くない時に飲むを止めましょう。

健康茶の作り方

効能をしっかり得るためには、煮出す方法が一番です。ティパックは、手軽で急須などで入れると便利ですが、より多くの成分を抽出するには、やかんなどで煮出すほうが健康茶の効能が得られます。やかんなどのふたを開けたまま煮ることで不純物が排出されやすくなります。タンニンが多い健康茶の場合には、鉄製の容器で煮出すとタンニン鉄となって腸で吸収されなくなってしまいます。

タンニンが少ない場合には、鉄製の容器で煮出すことで鉄分も一緒に摂ることができます。独特に臭いやくせなどで苦手な味の健康茶もあるかも知れません。茶葉をちょっと炒って香ばしくしてから煮出すと飲みやすくなります。また、飲みやすい玄米茶番茶などを少し混ぜるのも良い方法です。口当たりがグンとやわらかくなります。

何種類をブレンドして飲むのもお勧めです。健康茶によって、砂糖や蜂蜜を加えてよくなります。長く楽しくを心がけて健康茶には、色々な種類があります。健康茶を飲んでリラックスすることができれば、副交感神経などが働き色々な症状の改善につながります。普段、仕事や家事が忙しくてトイレや休憩する時間を疎かににしている人は時間を決めて、健康茶を飲む時間を確保すると良いです。水分をしっかり摂ることやトイレに定期的にいくことは、健康を維持する上で重要なことです。

現代ではサプリメントや薬に似てるから、症状を緩和させるものが多く販売されています、出来る限り人工のものに頼らず自然のものにしておくことは、安全で安心といえます。健康茶を飲んでいると何かおかしいと感じたり、副作用ではないかと感じた時には飲むのを止めましょう。健康茶だから大丈夫だと思い込まないようにしてください。効能がある反面、副作用はないわけないですが、妊婦さんや持病をかかえている人は、特に気配りが必要です。